Subscribe in the mailing list
これらをご覧下さい
「ラマダーン月を、(その義務性への)信仰と(褒美への)期待をもって断食した者は、それ以前の罪を赦されよ
イスラーム その根本原理
イスラームの メッセージ
性に関する イスラーム的視点
イスラームにおける 女性 そしてその一般的な誤解に対しての反論
タウヒードとイーマーン
アッラーの祝福と平安あれ)のスンナ、イァティカーフ(お篭り)を紹介します。
クルアーンやその解釈、フィクフの規定、アキーダ、諸々の徳などムスリムの生活にとって必要な重要なものを要約した本です。クルアーンの最後の3つのジュズとその解釈を含み、またタジュウィードの規定、アキーダに関する質問、イスラームにおける信仰の基本、魔法払い、ドゥアー、ズィクル、徳のある行動、礼拝に関することなどに関するムスリムにとって重要な規定について書かれています。
ムスリムは任意のイバーダ(崇拝行為)によって、アッラーのご寵愛を勝ち得ます。ここでは様々な種類の任意のサラー‐アッ=スナン・アル=ラワーティブ、タハッジュド、ウィトル、タラーウィーフ、2つのイードのサラー、日・月蝕のサラー、雨乞いのサラー、ドゥハーのサラー、イスティハーラのサラー‐について見ていきましょう。
何故ムスリムはハッジを行うのか?
推奨されている、あるいは任意にすることの出来るサウムについても紹介します。
アッラーからの最後の預言者ムハンマド(彼にアッラーの平安と祝福あれ)とその啓示が下った経緯、彼の家族やサハーバ(教友たち)などを簡潔に説明します。
巡礼と犠牲は切っても切れない関係にあります。ここでは巡礼の際のそれに留まらず、一般的な犠牲に関する諸規定をご紹介していきましょう。
イスラームの、そして全ての天啓宗教の最後の預言者ムハンマド(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)の備える徳の数々を見て行きます
預言者ムハンマド(彼にアッラーからの祝福と平安あれ)が用いていたドゥアー(祈願)の言葉の数々をご紹介します。
最近更新されたもの ( 日本語 )
書籍
( 日本語 )
2014-03-29
クルアーンやその解釈、フィクフの規定、アキーダ、諸々の徳などムスリムの生活にとって必要な重要なものを要約した本です。クルアーンの最後の3つのジュズとその解釈を含み、またタジュウィードの規定、アキーダに関する質問、イスラームにおける信仰の基本、魔法払い、ドゥアー、ズィクル、徳のある行動、礼拝に関することなどに関するムスリムにとって重要な規定について書かれています。
ビデオ
( 日本語 )
2013-11-17
概要:このビデオクリップは、マクロ世界から人体内のミクロ世界にいたる、アッラーの印の一部を取り上げています。知性ある者はこれを見ることにより、アッラーこそが存在の全てをお創りになり、それらを適切に調整されたお方であるということを、知るでしょう。
ビデオ
( 日本語 )
2013-10-14
何故ムスリムはハッジを行うのか?
書籍
( 日本語 )
2013-08-30
キリスト教における神・・・ 神の性質とは?
書籍
( 日本語 )
2013-04-24
イスラームの素顔
書籍
( 日本語 )
2013-04-23
タウヒードとイーマーンについて アッラーの唯一性に関する信仰、またはその否定であるシルク、イバーダ、イーマーンについての規定に関する説明
記事
( 日本語 )
2013-03-09
記事
( 日本語 )
2012-12-18
この3部の記事は、クルアーンの中に記述されているマリア(イエスの母)の生誕、幼少時代、性格、そしてイエスの奇跡的な生誕についてのものです。 この記事では預言者イエスの生涯、彼の教え、彼が起こした奇跡と彼の弟子たち、そして彼らについてのクルアーンの記述について説明します。 この記事では、イエスとその弟子たちに対する神の保護、イエスの復活、審判の日にイエスに何が起こるかということについてのクルアーンの記述をご紹介します。
書籍
( 日本語 )
2012-12-18
イエスの再臨に関する、キリスト教徒とムスリム間の類似点と相違点とは? また、ユダヤ教における終末のメシアについて。 クルアーン、預言者にまつわる伝承におけるイエスの降臨についての予言・前兆について。 イエス再臨の状況、それに先駆ける試練と苦難、マハディーの出現、そしてマスィーフ・ダッジャール(偽メシア)と彼を倒すイエスの役割について。 偽メシア後について。啓典の民の誤った宗教の廃止、イエスの元における神の国の樹立、そしてゴグ・マゴグの侵攻。 ゴグとマゴグの最後、その後に訪れる平和と豊潤、戦争のない世界、神の真実の宗教の普遍化、そしてイエスの死について。
Go to the Top